公開:2021年9月28日

icon

IBDとは

炎症性腸疾患のことで、一般的には潰瘍性大腸炎とクローン病のことを指しています。

監修:名古屋大学医学部附属病院 消化器内科 講師 中村 正直 先生

公開:2021年9月28日

監修:名古屋大学医学部附属病院 消化器内科
講師 中村 正直 先生

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に慢性的な炎症が起き、びらん(局所的で浅い傷)や潰瘍(深くえぐれた傷)ができる病気です。多くの場合、下痢や血便、腹痛などを伴います。

炎症は、粘膜の比較的浅い層で起きることが多く、直腸からS状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸へと順に広がっていくという特徴があります。

炎症の広がり方は患者さんによってさまざまで、炎症が直腸にとどまっているものを「直腸炎型」、直腸から下行結腸まで広がっているものを「左側大腸炎型」、大腸全体に及んでいるものを「全大腸炎型」と呼びます。

[参考]福島恒男 編集『IBDチーム医療ハンドブック第2版』(2012年 文光堂)98頁 図1

潰瘍性大腸炎は、同じ炎症性腸疾患(IBD)であるクローン病と同様に、国の指定難病の1つです。難病というと、不安に思われる方もいるかもしれませんが、適切に治療を続けることで、これまでとあまり変わらない生活を送る人が増えてきました。

原因

潰瘍性大腸炎のはっきりとした原因はまだ明らかになっていません。
現在は、生まれつきの体質(遺伝的要因)に、食事、生活習慣などの環境要因が加わることで、消化管内の免疫システムが過剰に働くことによって発症するのではないかと考えられています。また、腸内細菌バランスの乱れなどが、発症に関係するのではないかといわれていますが、いまのところ原因は不明です。

症状や合併症

◯主な症状
潰瘍性大腸炎の主な症状は下痢や血便です。腹痛を伴うこともあります。
また、重症化すると、発熱や貧血、体重減少といった全身症状が起こるようになります。これらの症状は常に出現しているわけではなく、多くの場合、改善したり悪化したりを繰り返します(再燃寛解)。

下痢

◯合併症
潰瘍性大腸炎は、進行すると腸の内外にさまざまな合併症を引き起こすことがあります。腸管に発生する合併症は「腸管合併症」と、腸管以外の全身に発生する合併症は「腸管外合併症」と呼ばれています。

主な腸管合併症には、大量出血や腸管に穴があく「穿孔(せんこう)」、肛門付近に膿がたまる「肛門周囲膿瘍(のうよう)」、腸管内が狭くなる「狭窄(きょうさく)」、ガスや毒素により腸が膨らみ発熱などの症状を引き起こす「中毒性巨大結腸症」などがあります。このうち、大量出血や大きな穿孔に対しては緊急手術が必要になるため注意が必要です。
また、潰瘍性大腸炎が長期間続くと、大腸がんの発症リスクが高くなることが知られています。治療にあわせて、定期的に大腸内視鏡検査を受けることが大切です。

一方、腸管外合併症としては、関節炎や皮膚疾患、眼疾患などがあります。そのほか、胆石や腎結石、脊椎炎、口内炎、静脈血栓などが生じることもあります。

検査・診断

潰瘍性大腸炎は、1つの検査だけで診断することが難しく、問診や複数の検査を行いながら、ほかの病気ではないことを確認しながら診断していくことになります。

最初に行うのは問診です。患者さんの症状とその経過、病歴(家族の病歴を含む)、服薬状況などについて詳しく話を聞きます。

問診の結果、潰瘍性大腸炎が疑われる場合には、便検査と血液検査を行います。便検査では、主に細菌や寄生虫の有無が検査されます。これは、潰瘍性大腸炎と症状が似ている感染性腸炎ではないことを確認するためです。また、血液検査では貧血の状態や、炎症反応、栄養状態などが調べられます。

さらに、便検査や血液検査と並んで重要なのが、画像検査です。一般的に、潰瘍性大腸炎が疑われる場合には、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を使って、炎症や潰瘍の有無、それらがあった場合には、形態、程度、範囲などを調べます。必要な場合には、内視鏡検査と併せて、生検(粘膜組織を採取して顕微鏡で調べる検査)を行います。また、腸管が狭窄していて内視鏡検査ができないような場合には、消化管造影剤を用いたX線検査を行う場合もありますし、便回数や腹痛、全身の状態などを患者さんから聞き取りをして、腸内の炎症の状態を確認したり、合併症の確認のためにエコー、CT、MRIなどの画像検査を行うこともあります。

そして、最終的には、これらの検査結果を総合し確定診断をすることになります。

参考
難病情報センター (外部リンク)