IBDとは About IBD
プライバシーマーク

IBDとは?

潰瘍性大腸炎とクローン病

どんな病気

私たちの身体には「免疫系」という仕組みがあります。免疫系は、体内に入ってきたウイルスや細菌などの異物を体外に追い出す働きをする防御システムです。免疫系がそうした異物を追い出すさいには、腫れや痛み、発熱などが起きることがあります。これらの反応のことを「炎症」といいます。

この炎症が腸に起こる病気のことをまとめて「炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory Bowel Disease)といいます。

特異性腸炎と非特異性腸炎

IBDは、腸に炎症が起こる病気である「炎症性腸疾患」の略称です。IBDには、特異性腸炎(特異的炎症性腸疾患)非特異性腸炎(非特異的炎症性腸疾患)とがあります。

特異性腸炎は、細菌や薬剤など、はっきりとした原因で起こるIBDです。ウイルスや細菌が原因で起こる感染症や、ある種の薬剤が原因で起こる急性出血性大腸炎などが該当します。また、膠原病などの全身性疾患によって起こるものも特異性腸炎です。

一方、非特異性腸炎は、はっきりとした原因がわからないIBDのことです。本サイトで解説する潰瘍性大腸炎クローン病は、どちらも非特異性腸炎です。

潰瘍性大腸炎とクローン病を合わせて、「狭義のIBD」といいますが、そのほか単純性潰瘍やベーチェット病なども非特異性腸炎に含まれます。