潰瘍性大腸炎
プライバシーマーク

治療

外科的療法

内科的治療を行っても十分な効果がみられず、入退院の繰り返しなどで日常生活を続けることが困難な状態の場合には、外科的治療が行われることになります。

手術の適用と手術方法

潰瘍性大腸炎の炎症は大腸だけに起こります。したがって、大腸をすべて切除・摘出することで、それ以後は炎症が起こらないと考えられています。そのため、潰瘍性大腸炎の手術では、基本的に大腸のすべてを切除・摘出します。

重大な腸管合併症が起こり緊急に手術をしないと命にかかわる場合と、適切に薬物治療や内科的治療を行っているにもかかわらず症状の改善がみられず日常生活に著しい支障がある場合に、手術が検討されます。

現在では、大腸をすべて切除しても、小腸の末端の回腸を利用して回腸嚢という便を蓄えておく袋をつくることで、肛門を残し自然排便が可能になりました。手術の方法は、主に次の2つの方法が行われています。

回腸嚢肛門吻合術:肛門近くの筋肉を残し、大腸を肛門ぎりぎりのところからすべて取り除き、回腸と肛門をつなぎます。直腸の粘膜をすべて切除するため、再発の心配はなくなります。

回腸嚢肛門管吻合術:肛門近くの筋肉と肛門から3cmほど直腸を残し、そのほかの大腸を取り除きます。直腸部分を残しているため、排便機能を保つには優れていますが、まれに残した部分に炎症が起きることがあります。

主治医の先生との相談のうえで、手術方法や手術を受ける時期を決定することになります。

ストーマ(人工肛門)

手術によって、お腹に新しくつくった便や尿の排泄口のことをストーマ(人工肛門)といいます。自分の腸や尿管を直接、体の外に出して、便や尿の排泄を管理するためのものです。

ひと昔前までは、手術で大腸を取ってしまうと、「一生、人工肛門をつける必要がある」といわれていましたが、いまでは、自分の肛門で自然に排泄を行うことのできる手術方式が一般的になっています。ストーマは、一時的に使うものであることがほとんどです。

ストーマを造設した位置によって便の形状は異なります。大腸に造設した場合は、自然排便のときと変わらない便ですが、小腸に造設した場合、水分が多く、アルカリ性で皮膚への刺激が強い便が排泄されます。このような便が皮膚のただれや感染を引き起こすことがありますが、装具を適切に装着し、ストーマ周囲の皮膚のケアを行うことで、変わらぬ日常生活を送ることが可能です。皮膚・排泄ケア認定看護師というストーマ管理に造詣の深い看護師もいますので、積極的に相談をするとよいでしょう。