潰瘍性大腸炎
プライバシーマーク

治療

治療目標

潰瘍性大腸炎はどのような原因で発症するのかまだわかっていません。現状では、完治に導く治療法は確立されていません。しかし、治らない病気と悲観しないでください。患者さんが潰瘍性大腸炎について正しく理解し、適切な治療を行っていけば、この病気をもたない健康な人とほとんど同じ日常生活を送ることができます。したがって、病気を気にせずに生活ができるよう、寛解期を長く維持することが治療の目標となります。
実際のところ、ときどき症状があらわれる時期(再燃)を経験しつつも、多くの患者さんが治療と定期的な検査を受けながら寛解期を長く維持して生活しています。

潰瘍性大腸炎の治療の経過

潰瘍性大腸炎の患者さんは、活動期(炎症が活発で症状が悪化していて、検査でも異常がみられる時期)と寛解期(日常生活に問題がないぐらいに症状が落ち着いている時期)を繰り返すことが多く、医師は、患者さんのそのときそのときの状態に合わせて治療を選択します。

基本的には、薬物療法や血球成分除去などの内科的治療で、炎症を抑えることで症状を和らげていきます。しかし、内科的治療だけでは症状のコントロールが難しい場合には、外科的治療、つまり手術を行うことになります。

潰瘍性大腸炎の治療の方針

潰瘍性大腸炎の治療の基本はお薬による治療です。治療の方針としては、寛解期へ導くための「寛解導入療法」と、寛解期を維持するための「寛解維持療法」に分けられます。寛解導入療法では、この病気の基礎薬である5-ASA製剤や免疫調整剤、ステロイド薬などかなり多くの種類の薬を使います。バイオ医薬品(生物学的製剤)という比較的新しいタイプの薬も使われます。寛解維持療法では、5-ASA製剤を中心に治療を進めます。ただし、バイオ医薬品で寛解導入療法をした場合は、寛解維持療法もバイオ医薬品を使用します。