クローン病 Chrohn's disease
プライバシーマーク

治療

外科的療法

内科的治療では十分な効果が得られず、社会生活が困難なときには手術が必要になります。クローン病の患者さんでは発症5年で約30%、10年で約70%の患者さんが何らかの手術を受けています。

手術の適応と手術方法:腸管病変

病変が腸管にある患者さんに対する手術では、切除する範囲をできるだけ小さくすることが原則です。

下記の表のように、腸閉塞や穿孔など重篤な合併症が起きたときには「絶対的適応」といって、緊急手術を行うことになります。狭窄や内瘻・外瘻が見られるときには「相対的適応」といって、患者さんの様子をみて、手術が行われることになります。

クローン病の手術では、部分を切除するのが一般的です。できるだけ小腸を残すようにし、病変部のみを切除するようにします。

吻合術(手縫い吻合)

吻合術(器械吻合)

吻合術:狭窄した部分や腸に穴があいた病変部を切除した後、腸と腸を縫い合わせます。このとき小腸の切除範囲は最小限にとどめるようにします。小腸が短くなると、経口摂取だけでは十分な栄養を吸収することが難しくなるためです。

狭窄形成術

狭窄形成術:クローン病では、病変部位が連続していないという特徴があります。小腸にできた病変をすべて切除してしまったのでは、経口摂取だけでは十分な栄養を吸収することが難しくなるおそれがあるため、病変部位を切除せずに、狭窄した部位を広げることによって腸管の通りを改善します。

[参考文献]日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)編集『クローン病の診療ガイド』
           (2013年 文光堂)69頁 図1ac、70頁 図2a(改変)

手術の適応と手術方法:肛門病変

クローン病では多くの頻度で肛門付近に裂肛、潰瘍、肛門周囲膿瘍、痔瘻などの病変ができます。内科的治療で効果が得られないとき、再発を繰り返すときには手術の対象となります。また、直腸に活動性病変があり、治りにくい肛門病変があるときには、直腸を切除して人工肛門(ストーマ)におきかえる場合もあります。

手術の方法としては、痔瘻根治術、シートン法ドレナージ、一時的な人工肛門(ストーマ)造設、直腸切断術があります。

たとえば、シートン法ドレナージでは、まず病変部や二次口(膿の出口)から膿を取り除いた後、肛門と二次口との間、もしくは二次口と二次口との間にシートン(ナイロン糸、チューブなど)を通して結ぶことによって瘻孔が塞がらないようにし、長期にわたって膿を排出すること(ドレナージ)で、炎症を軽減し、症状を改善させます。

薬物療法でもシートン法ドレナージでも改善しない痔瘻などによって、便失禁が起こるほど、肛門の病変が著しく重症化した患者さんには、ストーマを造設することがあります。

ストーマを、一時的なものにするか永久的なもの(直腸切断術)にするかは、担当医と患者さんとが話し合って決めることになります。

ストーマを造設した位置によって便の形状は異なります。大腸に造設した場合は、自然排便のときと変わらない便になりますが、小腸に造設した場合、水分が多く、アルカリ性で皮膚への刺激が強い便が排泄されます。このような便が皮膚のただれや感染を引き起こすこともありますが、装具を適切に装着し、ストーマ周囲の皮膚のケアを行うことで、変わらぬ日常生活を起こることが可能です。皮膚・排泄ケア認定看護師というストーマ管理に造詣の深い看護師もいますので、積極的に相談をするとよいでしょう。